登録販売者:過去問[大阪府]H24-1

医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~010】

【問001】

医薬品の本質に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、
その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、人体に及ぼす作用がすべて
    解消されたものだけが医薬品として承認される。
  2. 一般用医薬品は、医療用医薬品に比べ相対的に保健衛生上のリスクが低いと考えられる。
  3. 一般の生活者が一般用医薬品の添付文書や製品表示に記載された内容をみただけでは、
    効能、効果や副作用について誤解や認識不足を生じることもある。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

【問002】

医薬品の安全性に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、
その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 一般用医薬品の添付文書は、発売当初から10年単位でまとめて改訂されることとなっている。
  2. 登録販売者は、常に医薬品の有効性、安全性等に関する新しい情報の把握に努める必要がある。
  3. 薬事法では、健康被害発生の可能性の有無にかかわらず、医薬品に異物の混入、
    変質があってはならない旨を定めている。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問003】

医薬品の副作用の定義に関する次の記述について、a~cの( )に入れるべき
字句の正しい組合せを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
なお、同じアルファベットの欄には同じ字句が入ります。

WHO(世界保健機構)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、
又は身体の機能を( a )するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の( b )かつ意図しない反応」
とされている。我が国では、「( c )が適正な使用目的に従い適正に使用された場合においてもその( c )
により人に発現する( b )な反応」(独立行政法人医薬品医療機器総合機構法第4条第6項)を、
医薬品の副作用と定義している。

a b c
1 正常化 重篤 許可医薬品
2 正常化 重篤 一般用医薬品
3 正常化 有害 許可医薬品
4 強化 重篤 一般用医薬品
5 強化 有害 許可医薬品

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問004】

医薬品の副作用に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、
その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 副作用の種類に応じて速やかに適切に処置し、又は対応し、重篤化の回避が図られるためには、
    医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することが重要である。
  2. 複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、その疾病に対して
    薬効をもたらす一方、別の疾病に対しては症状を悪化させたり、治療を妨げたりすることがある。
  3. 医薬品の副作用は、薬理作用によるものをいい、アレルギー(過敏反応)によるものは含まない。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

【問005】

次のa~dは、登録販売者と購入者の会話である。購入者からの相談に対する
登録販売者の説明について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、
その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 購入者 「乗り物酔いの薬が欲しい。早く効いて欲しいから、1回1錠って書いてあるけど、
    1回に3錠飲んでもいいよね。」
    登録販売者 「多く飲めば早く効くという訳ではありません。用量を超えて服用すると副作用等が出る可能性があり、
    危険です。必ず、用法・用量は守って服用して下さい。」
  2. 購入者 「病院でもらった薬を飲んでたけど改善しない。替りにもっとよく効く薬をちょうだい。」
    登録販売者 「薬を変更するなどの自己判断はしないでください。診療を行った医師に確認を取って、
    指示を仰いでください。」
  3. 購入者 「乳児が熱を出した。今は家で待っている。この解熱鎮痛剤を大人の用量の半分の量にして
    飲ませればいいよね。」
    登録販売者 「乳児でしたら、半分の量にして飲ませれば良いです。早く服用させて、たくさん睡眠をとらせるように
    してください。」
  4. 購入者 「医薬品って小さい字で書いてあるけど、これは殺虫剤だよね。特に体に悪影響はないよね。」
    登録販売者 「殺虫剤ですので、効果があるのは虫だけです。人体にかかっても影響はありませんので、
    どのように使ってもらっても構いません。」
  1. 1.(a,b)
  2. 2.(a,c)
  3. 3.(b,c)
  4. 4.(b,d)
  5. 5.(c,d)

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問006】

他の医薬品との相互作用に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組合せを下表から
一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 医薬品の相互作用とは、複数の医薬品を併用したときに、医薬品の作用が増強する場合であって、
    作用が減弱する場合には相互作用とは言わない。
  2. 複数の疾病を有する人であっても、疾病ごとにそれぞれ医薬品が使用されるので、
    医薬品同士の相互作用に関して注意しなくてよい。
  3. 一般用医薬品において、かぜ薬と鎮咳去痰薬では、成分や作用が重複することが多く、
    通常、併用は避けることとされている。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問007】

医薬品の使用上の注意等における年齢区分に関する次の記述の( )に、
あてはまる字句として、正しいものを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

医薬品の使用上の注意等において、小児という場合には、おおよその目安として、
( )未満をいう。

  1. 7歳
  2. 10歳
  3. 12歳
  4. 15歳
  5. 18歳

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問008】

医薬品の使用上の注意等における年齢区分に関する次の記述の( )に、
あてはまる字句として、正しいものを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

医薬品の使用上の注意等において、高齢者という場合には、おおよその目安として、
( )以上をいう。

  1. 60歳
  2. 65歳
  3. 70歳
  4. 75歳
  5. 80歳

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問009】

高齢者が医薬品を使用する場合の注意事項に関する次のa~cの記述の正誤について、
正しい組合せを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている(嚥下障害)場合があり、
    内服薬を使用する際に喉に詰まらせやすい。
  2. 肝臓や腎臓の機能が低下している場合には、代謝や排泄が遅くなり、
    医薬品の副作用が現れにくくなる。
  3. 医薬品の取り違いや飲み忘れを防止するため、家族や周囲の人(介護関係者等)
    の理解や協力も含めて、医薬品の安全使用の観点からの配慮が重要となる。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問010】

次のa~cの記述の正誤について、正しい組合せを下表から一つ選び、
その番号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 胎盤には、胎児の血液と母胎の血液とが混ざらない仕組み(胎盤関門)があるため
    母体が医薬品を使用しても胎児には移行しないことが知られている。
  2. ビタミンA含有製剤は、妊婦前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると
    胎児に先天異常を起こす危険性が高まる。
  3. 医薬品の成分が乳汁中に移行することはないので、母乳を介して乳児が医薬品の成分を
    摂取することはない。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成24年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です