登録販売者:過去問[茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野共通]H25-1

薬事に関する法規と制度【問001~010】

登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

【問001】

薬局に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 薬事法で、「薬剤師が販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所」と定義されている。
  2. 薬局では、全ての一般用医薬品に関して、登録販売者が購入者等への情報提供や相談対応を行うことができる。
  3. 医薬品を取り扱う場所であって、薬局として開設の許可を受けていないものについては、病院または
    診療所の調剤所であっても、薬局の名称を付してはならない。
  4. 都道府県知事は、調剤や医薬品の販売等を行うために必要な構造設備を備えていないときは、薬局
    として開設の許可を与えないことができる。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

【問002】

店舗販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 店舗販売業において、薬剤師が従事している場合は、医療用医薬品を販売することができる。
  2. 店舗管理者は、厚生労働省令で定めるところにより、薬剤師または登録販売者でなければならない。
  3. 店舗管理者は、保健衛生上支障を生ずるおそれがないよう、その店舗の業務につき、店舗販売業者に
    対して必要な意見を述べなければならない。

No a b c
1
2
3
4

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問003】

配置販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 配置販売業の許可は、一般用医薬品を配置しようとする区域をその区域に含む都道府県ごとに、その
    都道府県知事が与える。
  2. 配置販売業では、その区域を管理する区域管理者は薬剤師でなければならない。
  3. 配置販売業では通常、常備薬として用いられる製品をひと揃い収めた「配置箱」を預けるが、これは
    薬事法上、陳列には該当しない。
  4. 配置販売業者またはその配置員は、その住所地の都道府県知事が発行する身分証明書の交付を受け、かつ、これを
    携帯しなければ、医薬品の配置販売に従事してはならない。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問004】

薬局及び医薬品の販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 卸売販売業は、医薬品を薬局や他の医薬品の販売業、製薬企業または医療機関等に対して販売する
    ほか、一般の生活者に対して直接医薬品を販売することができる。
  2. 配置販売業は、特定の購入者の求めに応じて、一般用医薬品を開封して分割販売すること(いわゆる「量り売り」)ができる。
  3. 薬局は、不特定の購入者への販売に供するために、一般用医薬品を予め分包しておくことができる。

No a b c
1
2
3
4

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問005】

医薬品等に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 日本薬局方とは、医薬品の性状及び品質の適正を図るため、保健医療上重要な医薬品について、必要な
    規格・基準及び標準的試験法等を定めたものである。
  2. 日本薬局方に収載されている医薬品には、一般用医薬品として販売されているものもある。
  3. 医薬品は品目ごとに、品質、有効性及び安全性について審査等を受け、その製造販売について、
    内閣総理大臣の承認を受けなければならない。

No a b c
1
2
3
4

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問006】

食品及び医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 食品とは、医薬品及び医薬部外品以外のすべての飲食物をいう。
  2. 食品として販売されている製品であっても、含有する成分によっては医薬品と判断されることがある。
  3. 食品として販売されている製品であっても、錠剤の形状の製品は、その形状だけで医薬品と判断される。

No a b c
1
2
3
4

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問007】

食品に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 特定保健用食品と栄養機能食品を総称して保健機能食品という。
  2. 栄養成分量が規格基準に適合して含有されている場合は、栄養機能食品として、その栄養成分の機能の
    表示を行うことができるが、これには許可申請の必要はなく、当該栄養成分を摂取する上での、注意事項の表示も必要ない。
  3. 健康食品という言葉は、法令で定義された用語ではなく、単に一般的に用いられているものである。

No a b c
1
2
3
4

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問008】

医薬部外品に関する次の記述のうち、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬部外品を販売する場合には、販売業の許可は必要なく、一般小売店において販売することができる。
  2. 衛生害虫類の防除のため使用される製品群は、適正に使用することが他の医薬部外品と比べてより重要
    であるため、容器や包装等に識別表示がなされている。
  3. 医薬品から医薬部外品へ移行した製品群に、消化薬は含まれていない。

No a b c
1
2
3
4

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問009】

医薬部外品の品目と、その品目について表示・標榜することが認められている効能効果の範囲に
関する次の組み合わせのうち、誤っているものはどれか。

No 品目 効能効果の範囲
1 浴用剤 関節痛、筋肉痛
2 薬用歯みがき類 むし歯を防ぐ、タバコのヤニ除去
3 のど清涼剤 のどの痛み、のどのはれ
4 殺菌消毒薬 傷面の殺菌・消毒
5 整腸薬 腹部膨満感、便秘

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問010】

化粧品に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 人の疾病の予防に使用されることを目的とするものは、化粧品に含まれない。
  2. 化粧品を製造販売する場合には、製造販売業の許可は必要ない。
  3. 人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚若しくは毛髪を健やかに保つ
    範囲内においてのみ、効能効果を表示・標榜することが認められる。
  4. 化粧品を販売する者は、一般の生活者に、化粧品が医薬品であるかのような誤認を与えることのないよう、
    配慮する必要がある。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です