登録販売者:過去問[北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島共通]H25-1

医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~010】

登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

【問001】

医薬品の本質に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 医薬品が人体に及ぼす作用は複雑、かつ、多岐に渡り、そのすべては解明されていない。
  2. 医薬品は人体にとって異物( 外来物) であるため、好ましくない反応( 副作用)を生じる場合がある。
  3. 医薬品は人体に直接使用されない限り、人の健康に影響を与えることはない。
  4. 一般用医薬品は、医療用医薬品と比較すれば保健衛生上のリスクが相対的に高い。
  1. 1.(a,b)
  2. 2.(a,c)
  3. 3.(b,d)
  4. 4.(c,d)

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問002】

医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達され、適切に使用されること
    により、その役割を発揮することができる。
  2. 医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等
    の確認が行われる仕組みになっている。
  3. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
  4. 薬事法では、健康被害の発生の有無にかかわらず、医薬品に異物等の混入、変質等があってはならない旨が定められている。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問003】

医薬品の作用に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 医薬品の副作用は、「薬理作用による副作用」と「アレルギー( 過敏反応)」に大別することができる。
  2. 通常、医薬品は複数の薬理作用を併せ持つ。
  3. 副作用は、医薬品を十分注意して適正に使用すれば生じることはない。
  4. 医薬品は、ある疾病に対しては効果をもたらす一方、別の疾病に対しては症状を悪化させることもある。

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問004】

アレルギー( 過敏反応) に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. アレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンという。
  2. 医薬品に含まれる添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質とはならない。
  3. 普段は医薬品にアレルギーを起こしたことのない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態
    などの場合には、医薬品によるアレルギーを生じることがある。
  4. アレルギーには遺伝的な要素もあり、近い親族にアレルギー体質の人がいる場合には、注意が必要である。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問005】

医薬品の副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 一般用医薬品は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避する
    ことが優先される。
  2. 副作用の重篤化を回避するためには、医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することが重要となる。
  3. 副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりではなく、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。
  4. 登録販売者は、購入者等に対して、一般用医薬品の情報提供を適切に行っていれば、副作用の状況に
    かかわらず、医療機関を受診するように勧奨する必要はない。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問006】

一般用医薬品の使用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 一般用医薬品は、購入者等の誤解や認識不足のために適正に使用されないことがある。
  2. 一般用医薬品の不適正な使用は、概ね「使用者の誤解や認識不足に起因するもの」と「本来の目的以外
    の意図で使用するもの」に大別される。
  3. 一般用医薬品には、習慣性や依存性がある成分を含んでいるものはない。
  4. 一般用医薬品を、みだりに他の医薬品や酒類等と一緒に摂取する等の乱用がなされると、過量摂取による
    急性中毒等を生じる危険性が高くなる。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問007】

一般用医薬品の使用等に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品の乱用の繰り返しによって慢性的な臓器障害等を生じるおそれがある。
  2. 適正な使用がなされる限りは安全かつ有効な医薬品であっても、乱用された場合には薬物依存を生じることがある。
  3. 薬物依存が形成されても、一定期間、薬物の使用を中止することで容易に依存は消失する。
  4. 医薬品の販売に従事する専門家は、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる不審な購入者等には慎重に対処する必要がある。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問008】

他の医薬品との相互作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 一般用医薬品は、一つの医薬品の中に必ず作用の異なる複数の成分を組み合わせて含んでいる。
  2. かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、アレルギー用薬では、作用が重複することが多い。
  3. 相互作用のリスクを減らす観点から、緩和を図りたい症状が明確である場合には、なるべくその症状に
    合った成分のみが配合された医薬品が選択されることが望ましい。
  4. 複数の疾病を有する人では、疾病ごとにそれぞれ医薬品が使用される場合が多く、医薬品同士の相互作用に関して注意が必要である。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問009】

医薬品の使用上の注意において「乳児」、「幼児」、「小児」という場合の、年齢区分(おおよその目安)として、
正しいものはどれか。

  1. 乳児 ― 2歳未満
  2. 幼児 ― 4歳未満
  3. 幼児 ― 7歳未満
  4. 小児 ― 12歳未満
  5. 小児 ― 18歳未満

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問010】

小児の医薬品の使用に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が低い。
  2. 吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすいため、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こしやすい。
  3. 肝臓や腎臓の機能が未発達であるため、医薬品の成分の代謝・排泄に時間がかかり、作用が強く出過ぎたり、副作用がより強く出ることがある。
  4. 小児の用量が定められていない場合は、成人用の医薬品の量を任意に減らして投与する。
  1. 1.(a,b)
  2. 2.(a,d)
  3. 3.(b,c)
  4. 4.(c,d)

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です