登録販売者:過去問[北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島共通]H22-1

医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~010】

登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

【問001】

次の記述は医薬品の本質に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 医薬品が人体に及ぼす作用は、複雑、かつ、多岐に渡り、そのすべてが解明されているわけではない。
  2. 医薬品の薬効には好ましくない反応(副作用)も含まれる。
  3. 人体に対して使用されない医薬品は、誤って人体がそれに曝されても健康を害することはない。
  4. 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に
    影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品である。
  1. 1.(a,b)
  2. 2.(a,d)
  3. 3.(b,c)
  4. 4.(c,d)

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問002】

医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医療用医薬品に比較し一般用医薬品はリスクが相対的に低いので、保健衛生上の注意は必要でない。
  2. 検査薬は、人体に対して直接使用されないため、人の健康に影響を与えることはない。
  3. 医薬品の適正な使用を図るには、科学的根拠に基づく適切な理解や判断が必要である。
  4. 一般の生活者においては、一般用医薬品の添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能、効果
    や副作用について誤解や認識不足を生じることがある。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問003】

医薬品の本質に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 医薬品の有効性については、市販前に確認されているので、市販後の確認は行われない。
  2. 一般用医薬品には、製品に添付されている文書(添付文書)や製品表示に必要な情報が記載されている。
  3. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
  4. 販売時の取扱い、製品の成分分量、効能効果、用法用量、使用上の注意が変更になった場合には、それが
    添付文書や製品表示の記載に反映される。

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問004】

医薬品の作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. WHO(世界保健機関)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、
    又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」とされている。
  2. 薬という物質、すなわち薬物が生体の生理機能に影響を与えることを生理作用という。
  3. 副作用は、眠気や口渇等の比較的よく見られるものをいい、日常生活に支障を来す程度の健康被害を生じる重大なものは含まれない。
  4. 副作用には、薬物によるアレルギー(過敏反応)が関与するものがある。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問005】

医薬品の作用に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 医薬品を十分注意して適正に使用した場合には、副作用を生じることはない。
  2. 医薬品には、アレルギーを起こす可能性のある鶏卵を原材料として作られているものはない。
  3. 複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用により、別の疾病の症状が悪化したり、治療が妨げられたりすることがある。
  4. 医薬品によるアレルギーは内服薬だけに限られ、外用薬で引き起こされることはない。

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問006】

次の1~5で示される訴訟のうち、医薬品による副作用等にかかる訴訟以外の訴訟はどれか。

  1. サリドマイド訴訟
  2. スモン訴訟
  3. HIV訴訟
  4. CJD訴訟
  5. 水俣病訴訟

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

【問007】

医薬品と他の医薬品や食品との相互作用に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 相互作用によって医薬品の作用が増強することはあるが、減弱することはない。
  2. 保健機能食品は、医薬品と相互作用を起こすことはない。
  3. 複数の疾病を有する人では、疾病ごとにそれぞれ使用する医薬品の種類が異なることから、医薬品同士
    の相互作用に関して特に注意する必要はない。
  4. 相互作用には、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用を
    もたらす部位において起こるものがある。

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問008】

医薬品と食品との飲み合わせに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 生薬成分を含有する食品と合わせて摂取すると、生薬成分が配合された医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。
  2. 食品との相互作用は、専ら飲み薬(内服薬)の使用に際して注意を要する。
  3. カフェインやビタミンA等のように、食品中には医薬品の成分と同じ物質が存在する場合があり、それらを含む
    医薬品と食品を一緒に服用すると過剰摂取となるものがある。
  4. アルコールは、主として小腸で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その代謝機能が高まっていることが多い。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問009】

次の記述は、高齢者の医薬品の使用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 高齢者は、嚥下障害を持つ場合があるので、内服薬を使用した際に便秘の副作用を起こしやすい。
  2. 高齢者は、医薬品の説明を理解するのに時間がかかる場合があるので、情報提供や相談対応においては特段の配慮が必要である。
  3. 高齢者は基礎疾患を抱えていることが多いが、一般用医薬品を用法用量どおりに使用していれば、基礎疾患の症状悪化や治療の妨げになることはない。
  4. 医薬品の使用上の注意等において「高齢者」という場合には、おおよその目安として65歳以上を指す。
  1. 1.(a,c)
  2. 2.(a,d)
  3. 3.(b,c)
  4. 4.(b,d)

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問010】

小児等の医薬品の使用に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 小児は、大人と比べて医薬品の成分が脳に達しにくいため、中枢神経系に影響を与える医薬品では副作用を起こしにくい。
  2. 小児は、医薬品の成分の代謝・排泄が速いため、作用が強く出過ぎたり、副作用がより強く出ることがある。
  3. 成人用の医薬品を小児に与える場合は、成人用の服用量を年齢に応じて適宜減らして服用させる。
  4. 乳児は、基本的には医師の診療を受けることが優先され、一般用医薬品による対処は最小限にとどめることが望ましい。

※登録販売者 平成22年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です