登録販売者:過去問[奈良]H27-1

医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~010】

【問001】

  1. 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達され、適切に使用
    されることにより、その役割を発揮することができる。
  2. 医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の
    確認が行われる仕組みになっている。
  3. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
  4. 医薬品は、本来、人体にとって異物(外来物)である。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問002】

医薬品のリスク評価に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

  1. 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との和で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
  2. 治療量を超えた量を単回投与した後に毒性が発現するおそれが高いことは当然であるが、少量の
    投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合もある。
  3. 医薬品の投与量と効果の関係は、薬物用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない「無作用
    量」から、最小有効量を経て「治療量」に至る。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問003】

医薬品のリスク評価に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

  1. 医薬品については、食品と同等の安全性基準が要求されている。
  2. 医薬品の安全性に関する非臨床試験では、Good Laboratory Practice(GLP)に準拠して薬効-薬理試験
    や一般薬理作用試験、毒性試験が厳格に実施されている。
  3. 医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準としてGood Vigilance Practice(GVP)と製造
    販売後安全管理基準としてGood Post-marketing Study Practice(GPSP) が制定されている。
  4. ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準には、国際的にGood Clinical Practice(GCP)が制定
    されており、これに準拠した手順で安全な治療量を設定することが、新規医薬品の開発に関連する臨床試験(治験)の目標の
    一つである。
  1. 1.(a,b)
  2. 2.(a,c)
  3. 3.(b,d)
  4. 4.(c,d)

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問004】

アレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

  1. アレルギーには、体質的な要素はあるが、遺伝的な要素はない。
  2. 医薬品には、牛乳を原材料として作られているものはないため、牛乳に対するアレルギーがある人は注意する必要はない。
  3. アレルギーは、一般的にあらゆる物質によって起こり得るものであるため、医薬品の薬理作用等とは
    関係なく起こり得る。
  4. 医薬品によるアレルギーは、内服薬だけに限られ、外用薬で引き起こされることはない。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問005】

医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

  1. 一般用医薬品は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。
  2. 副作用の重篤化を回避するためには、医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することが重要となる。
  3. 一般用医薬品の販売等に従事する専門家は、購入者等に対して、一般用医薬品の情報提供を適切に
    行っていれば、副作用の状況に関わらず、医療機関を受診するように勧奨する必要はない。
  4. 副作用は容易に異変を自覚できるものばかりでなく、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問006】

一般用医薬品の使用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

  1. 医薬品の乱用の繰り返しによって、慢性的な臓器障害等を生じるおそれがある。
  2. 薬物依存が形成されても、一定期間、薬物の使用を中止することで容易に依存は消失する。
  3. 適正な使用がなされる限りは安全かつ有効な医薬品であっても、乱用された場合には薬物依存を生じることがある。
  4. 医薬品の販売等に従事する専門家においては、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる不審な購入者
    には慎重に対処する必要があり、積極的に事情を尋ねたり、状況によっては販売を差し控えるなどの対応が図られることが望ましい。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問007】

医薬品の相互作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

  1. 相互作用の結果、医薬品の作用が増強することはあるが、作用が減弱することはない。
  2. 相互作用を回避するには、ある医薬品を使用している期間やその前後を通じて、その医薬品との
    相互作用を生じるおそれのある医薬品や食品の摂取を控えなければならない。
  3. 相互作用は、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こることがある。

No a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問008】

医薬品と食品の飲み合わせに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

  1. 外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。
  2. 生薬成分が配合された医薬品の効き目や副作用を増強させる食品はない。
  3. アルコールをよく摂取する者は、通常よりもアセトアミノフェンが代謝されにくい。
  4. カフェインを含む医薬品とコーヒーを一緒に服用すると、カフェインの過剰摂取となることがある。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問009】

次の記述は医薬品の使用上の注意に関するものである。( )にあてはまる字句として、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

医薬品の使用上の注意等において、乳児、幼児、小児という場合には、おおよその目安として、乳児とは、( a )未満、幼児と
は( b )未満、小児とは( c )未満の年齢区分が用いられている。

No a b c
1 1歳 5歳 12歳
2 1歳 7歳 12歳
3 1歳 7歳 15歳
4 3歳 7歳 15歳
5 3歳 5歳 12歳

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問010】

次の記述は小児に関するものである。( )にあてはまる字句として、正しいものの組み合わ
せを1つ選びなさい。

小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が( a )、服用した医薬品の吸収率が相対的に( b )。
また、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達し( c )、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こしやすい。

No a b c
1 短く 低い やすく
2 短く 高い にくく
3 短く 低い にくく
4 長く 低い やすく
5 長く 高い やすく

※登録販売者 平成27年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です