登録販売者:過去問[徳島,香川,愛媛,高知共通]H25-1

医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~010】

登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

【問001】

医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせを下欄から選びなさい。

  1. 医薬品は、人や動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は、人や動物の身体の構造や
    機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品である。
  2. 殺虫剤の中には、誤って人体がそれに曝されれば、健康を害するおそれがあるものもあり、人体への使用が
    目的でない医薬品であっても、人の健康に影響を与えることが考えられる。
  3. 医薬品が人体に及ぼす作用は、複雑かつ多岐に渡るが、科学の進歩により、医薬品が人体に及ぼす作用は、
    全て解明されている。
  4. 医薬品は多くの場合、人体に取り込まれて作用し、効果を発現させるものである。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問002】

次の医薬品成分のうち、牛乳によるアレルギー症状を起こしたことのある人が使用を避けるべきものを、1つ選びなさい。

  1. メキタジン
  2. アスピリン
  3. 塩酸ブロムヘキシン
  4. タンニン酸アルブミン
  5. 塩酸ロペラミド

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問003】

医薬品の有効性・安全性に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. 医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
  2. 薬事法では、健康被害の発生の可能性がある場合に限り、異物等の混入、変質等があってはならない旨を定めている。
  3. 一般用医薬品の販売に従事する専門家においては、常に新しい情報の把握に努める必要がある。
  4. 医薬品は、有効性、安全性等に係る知見の積み重ねによって、有効性、安全性等に関する情報が集積されており、随時新たな
    情報が付加されるものである。

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問004】

医薬品の副作用に関する次の記述について、( )に入れるべき正しい字句を下欄から1つ選びなさい。
なお、2つの( )内には同じ字句が入ります。

我が国では、医薬品の副作用を「( )が適正な使用目的に従い適正に使用された場合においてもその( )により人に
発現する有害な反応」(独立行政法人医薬品医療機器総合機構法第4条第6項)と定義している。

  1. 医療用医薬品
  2. 処方せん医薬品
  3. 許可医薬品
  4. 一般用医薬品
  5. 薬局医薬品

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問005】

次の医薬品成分とその副作用の関係について、正しいものの組み合わせを下欄から選びなさい。

  1. 臭化水素酸スコポラミン ― 目のかすみ
  2. 塩酸ジフェンヒドラミン ― 眠気
  3. 塩酸ロペラミド ― 下痢
  4. スクラルファート ― 胃液の分泌亢進
  1. 1.(a,b)
  2. 2.(a,c)
  3. 3.(b,d)
  4. 4.(c,d)

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問006】

医薬品の適正使用に関する次の記述について、正しいものを1つ選びなさい。

  1. 早く頭痛が治まってほしかったので、一度に2回分の量を服用した。
  2. 一般用医薬品を使用していたところ、重大な副作用の兆候が現れたので、用量を減らして継続使用した。
  3. 子供が熱を出したので、添付文書の用法・用量等を確認せずに、成人用の解熱薬の半分の量を飲ませた。
  4. 医療機関で抗生物質を処方され、服用により症状が改善したが、医師の指示どおり、服用を継続した。

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問007】

かぜ薬に使用される次の医薬品成分のうち、抗ヒスタミン作用を期待して広くアレルギー用薬にも
配合されることから、併用に注意が必要なものを1つ選びなさい。

  1. イソプロピルアンチピリン
  2. ゴオウ
  3. ノスカピン
  4. フマル酸クレマスチン
  5. グアイフェネシン

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問008】

医薬品の相互作用に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. 複数の医薬品を併用した場合、又は特定の食品(保健機能食品や、いわゆる健康食品を含む。)と一緒に摂取した場合に、医薬品の
    作用が増強したり、減弱したりすることを相互作用という。
  2. 相互作用には、医薬品が吸収、代謝(体内で化学的に変化すること)、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用
    をもたらす部位において起こるものがある。
  3. 医薬品の吸収や代謝の過程で起こる相互作用として、酒類(アルコール)との飲み合わせがある。
  4. コーヒーやお茶には、カフェインが含まれているが、カフェインを主成分とする眠気防止薬と一緒に摂取しても、カフェインの過剰摂取
    の原因となることはない。

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は4番です

【問009】

小児の医薬品使用に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせを下欄から選びなさい。

  1. 医薬品の使用上の注意において、小児という場合には、おおよその目安として12歳未満を言う。
  2. 小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が低い。
  3. 5歳未満の幼児に使用される錠剤、カプセル剤等の医薬品では、服用時に喉につかえやすいので
    注意するよう添付文書に記載されている。
  4. 小児は、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすいため、中枢神経系に
    影響を与える医薬品で副作用を起こしやすい。

No a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問010】

高齢者の医薬品使用に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. 高齢者は、生理機能が衰えつつあり、特に、肝臓や腎臓の機能が低下していると、医薬品の作用が強く現れやすい。
  2. 医薬品の使用上の注意等において「高齢者」という場合は、おおよその目安として75歳以上を指す。
  3. 医薬品の副作用で口渇を生じることがあり、高齢者は、誤嚥を誘発しやすくなるので注意が必要である。
  4. 高齢者では喉の筋肉が衰えることにより、嚥下の機能が損なわれている場合がある。

※登録販売者 平成25年出題地域試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です