登録販売者:過去問 [神奈川,埼玉,千葉県]共通H23-1

医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~010】

登録販売者の試験問題について、神奈川・埼玉・千葉県は出題内容が共通です。

【問001】

医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a.
医薬品は、多くの場合、人体に取り込まれて作用し、効果を発現させるものである。
b.
人体に使用されない医薬品は、誤って人体がそれに曝されても健康を害することはない。
c.
医薬品には、人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的とするものがある。
No. a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問002】

医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a.
医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するものである。
b.
一般用医薬品には、製品に添付されている文書(添付文書)や製品表示に必要な情報が記載
されている。
c.
一般用医薬品は、科学的な根拠に基づく適切な理解や判断によって適正な使用が図られる必要がある。
No. a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

【問003】

医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a.
医薬品は、市販前に有効性、安全性等が確認されているので、市販後に、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の確認が行われることはない。
b.
医薬品は人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
c.
医薬品の販売等に従事する専門家は、製造販売業者による製品回収等の措置がなされることがあるので、製造販売業者等からの情報に日頃から留意しておくことが重要である。
No. a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問004】

医薬品によるアレルギーに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a.
薬理作用がない医薬品の添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)とはなりえない。
b.
普段、医薬品でアレルギーを起こしたことがない人は、病気等に対する抵抗力が低下している状態でも、医薬品でアレルギーが生じることはない。
c.
アレルギーには体質的・遺伝的な要素もあり、アレルギーを起こしやすい体質の人や、近い親族にアレルギー体質の人がいる場合には、注意が必要である。
No. a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問005】

独立行政法人医薬品医療機器総合機構法第4条第6項に規定する医薬品の副作用に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。なお、2か所の( a )内にはどちらも同じ字句が入る。

この法律において「医薬品の副作用」とは、( a )医薬品が適正な使用目的に従い適正に使用された場合においてもその( a )医薬品により人に発現する( b )な反応をいう。

No. a b
1 許可 有害
2 許可 重篤
3 承認 有害
4 承認 重篤
5 一般用 重篤

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は1番です

【問006】

一般用医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a.
習慣性・依存性がある成分を含んでいるものはないため、乱用させることはない。
b.
小児への使用を避けるべき医薬品を「子供だから大人用のものを半分にして飲ませればよい」
として服用させるなど、安易に医薬品を使用することは、特に有害事象につながる危険性が高い。
c.
目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるよう、使用する量や使い方が定められている。
d.
用法用量は、使用する人の生理機能を含めて、ある程度の個人差は折り込んで設定されているため、定められた用量の下限よりも量を減らして使用しても十分な効果が得られ、リスクの軽減につながる。
No. a b c d
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

【問007】

医薬品と他の医薬品や食品との相互作用に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a.
複数の医薬品を併用した場合、又は医薬品と特定の食品(保健機能食品や、いわゆる健康食品を含む。)を一緒に摂取した場合に、医薬品の作用が増強することはあるが、激減することはない。
b.
相互作用には、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こるものがある。
c.
酒類(アルコール)は、医薬品の吸収や代謝に影響を与えることがある。
d.
かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、アレルギー用薬では、成分や作用が重複することは少なく、通常、これらの薬効群に属する医薬品の併用は問題ない。
  1. 1.(a、b)
  2. 2.(a、c)
  3. 3.(b、c)
  4. 4.(b、d)
  5. 5.(c、d)

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問008】

小児への医薬品使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a.
アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)については、一般用医薬品では、小児に対してはいかなる場合も使用しないこととなっている。
b.
小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が短いため、服用した医薬品の吸収率が低い。
c.
小児は、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しないため、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こすことはない。
No. a b c
1
2
3
4
5

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は2番です

【問009】

医薬品の使用上の注意等において、おおよその目安として用いられる年齢区分に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

おおよその目安として、乳児とは( a )、幼児とは( b )、小児とは( c )、高齢者は( d )をいう。

No. a b c d
1 1歳未満 5歳未満 13歳未満 60歳以上
2 1歳未満 7歳未満 13歳未満 60歳以上
3 1歳未満 7歳未満 15歳未満 65歳以上
4 3歳未満 5歳未満 13歳未満 65歳以上
5 3歳未満 7歳未満 15歳未満 60歳以上

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は3番です

【問010】

高齢者の医薬品使用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.
基礎体力や生理機能の衰えの度合いは個人差が大きく、年齢のみから一概にどの程度の副作用が生じるリスクが増大しているかを判断することは難しい。
2.
喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている(嚥下障害)場合があり、内服薬の錠剤やカプセル剤を使用する際に喉に詰まらせやすい。
3.
持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の症状が悪化したり、治療の妨げとなる場合がある。
4.
手先の衰えのため医薬品を容器や包装から取り出すことが難しい場合や、医薬品の取り違え、飲み忘れを起こしやすいなどの傾向がある。
5.
生理機能が衰えつつあり、肝臓や腎臓の機能が低下していると医薬品の作用が現れにくく、若年時と比べて副作用を生じるリスクが低くなる。

※登録販売者 平成23年神奈川,埼玉,千葉県試験問題より引用

正解はコチラ

正解は5番です

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です